クラブの活動内容

名古屋キワニスクラブは「幼い子供達のための奉仕活動」を中心に様々な奉仕活動を展開しています。
キワニスこども基金への協力を行い、世界的な規模の奉仕活動をはじめ、地域に根ざしたクラブ独自の奉仕活動を数多く行っています。

コロナ禍での特別支援

キワニスワンデー学生支援寄付 2021年10月22日(金)

新型コロナ禍の影響は残念ながら長期化し、多くの青少年が困難を抱える状態はいまなお続いています。

このため当クラブは新型コロナ感染症による影響を受けた大学生に対する支援の継続が必要と考え、昨年に引き続き、困窮する大学生を支援する特別寄付(総額320万円)を行いました。

寄付先の大学は次の通りです。

・愛知教育大学 ・愛知県立大学 ・愛知県立芸術大学 ・豊橋技術科学大学

新聞に掲載されました。

中部経済新聞・中日新聞・讀賣新聞

キワニスワンデー学生支援寄付 2020年10月23日(金)

新型コロナウイルス感染症による影響は我々の生活にも大きな変化を与えています。

この変化に伴い、社会・経済面での新たな問題が生み出され、多くの青少年が困難を抱える状態にあります。

そこで当クラブは、これらの影響により困窮する大学生を支援する為に、総額300万円の特別寄付を行いました。

寄付先の大学は次の通りです。

・名古屋大学 ・名古屋工業大学 ・名古屋市立大学

新聞に掲載されました。

中日新聞・讀賣新聞・中部経済新聞

児童養護施設への緊急支援

新型コロナウイルス感染症拡大により、困難を抱えることとなった児童養護施設の子ども達の状況を鑑み、児童養護施設への緊急支援を実施しました。

新型コロナウイルス感染症拡大の状況下で必要となった物品を聴取し、愛知県下の29ケ所の養護施設に対し、合計290万円の希望物品を贈呈しました。

実施時期:第1弾2020年5月、第2弾2020年9月、第3弾2021年1月、第4弾2021年7月

新聞に掲載されました。

中日新聞・讀賣新聞・中部経済新聞

社会公益賞 詳しく見る

社会公益賞は名古屋キワニスクラブ最大の社会奉仕事業として位置づけられる事業です。『社会公益のために長い間献身的努力を続けている人たちのその功績に敬意を表するとともにその尊い存在を世間に知らしめよう。』という趣旨で毎年贈呈しています。

2021年は「社会福祉法人 愛知いのちの電話協会」、「特定非営利活動法人 刈谷おもちゃ病院」、にそれぞれ50万円合計100万円を贈呈しました。

受賞団体のご紹介

社会福祉法人 愛知いのちの電話協会

「いのちの電話」の活動は1953年にロンドンで、「電話で自殺予防」をキャッチフレーズとして、絶望の淵にたたずみ自殺しようかと考えて悩み苦しむ人々の「よき隣人となろう、友達となろう。」という目的で相談活動が始まりました。更に1963年オーストラリアのシドニーでLifeLine (ライフライン=いのち綱)という名で電話による無料のカウンセリング活動が開始され、爾来、この活動は、宗教、思想、信条、国家体制を超えて全世界に拡がり、今や100を超える国で「いのちの電話」活動が行われています。
社会福祉法人 愛知いのちの電話協会は、「精神的危機に直面し、助けと励ましを求めている人々と、おもに電話・インターネット・面接という手段で対話し、健全な社会人として生活することが出来るよう援助し、もって社会福祉の増進に寄与すること(定款/第1条)」を目的として、1985年に設立され、様々な問題をかかえ、孤独と不安に苦しみ、生きる力を失いかけている人々に、「電話」で対話することによって、自ら生きる意欲を取り戻すことが出来るようサポートしています。
開設当初は朝10時から夜10時までの一日12時間だけの電話相談でしたが、1999年より365日、24時間体制での活動を開始、これまで休みなく活動し多くの人々の命を守ってきました。
この長年に亘る有為な活動を支援することは、社会貢献に資するものとして、大変意義あることであり、活動の輪が今後更に広がっていくことを願って社会公益賞を贈呈するものです。

特定非営利活動法人 刈谷おもちゃ病院

特定非営利活動法人 刈谷おもちゃ病院は、ものづくりに対する関心離れや、壊れたら捨てるという使い捨ての社会に歯止めをかけるため、地域の子どもに対して、おもちゃ修理や工作教室及び世代間の交流などに関する事業を推進することで、ものづくりの楽しみ・科学に対する興味・ものを大切にすること・思いやりの心を熟成し、次代を担う子ども達の健全育成と科学技術振興及び環境保全の分野で未来ある社会の実現に貢献することを目的(定款/第3条)に2007年に設立されました。
設立の端緒は、株式会社デンソーのOBの方々がリタイア後の活動としておもちゃ病院を作りたいと考え、2003年頃から保育園を巡回しておもちゃの修理をする活動をしたことに始まります。4年間の活動の間に、活動拠点を作りたいと刈谷市に働き掛けたところ、2007年に交通児童遊園の2階に刈谷おもちゃ病院の開院が許され、翌年法人格を取得しました。
事業としては刈谷おもちゃ病院の運営、おもちゃ病院のボランティア・ドクター養成講座の開催、ボランティア・ドクター相互の技術向上のための技術研修会の開催、ものづくりの楽しみを伝える「親子おもちゃ工作教室」の開催、保育園・幼児園等公共施設でのおもちゃ修理などを行っています。
壊れたおもちゃが修理されていく過程を目の前にして、子ども達の心の中に、ものづくりの楽しさや物を大切にする気持ちを育てる有為な活動を支援することは、子ども達の健全育成や社会貢献に資するものとして、大変意義あることであり、活動の輪が今後更に広がっていくことを願って社会公益賞を贈呈するものです。

社会公益賞・キワニス文庫の贈呈の模様が新聞に掲載されました。

閉じる

キワニス文庫 詳しく見る

名古屋キワニスクラブでは社会公益賞と同時期に『子供たちの活字離れを憂い、将来、本が大好きな子供たちに育って欲しい』との願いをこめて子供たちに本を贈っています。

2021年は「社会医療法人宏潤会 大同病院 小児科」と「春日井市民病院 小児科」と「障害児入所施設 名古屋市あけぼの学園」に、3団体合計60万円相当の図書を贈呈しました。

贈呈先のご紹介

社会医療法人宏潤会 大同病院 小児科

大同病院は、1939年に大同特殊鋼従業員の作業環境と生活全般を視野に入れ、健康管理・予防医学・職業病対策のための医療機関として設立されました。その後、東南海地震、太平洋戦争における空襲、伊勢湾台風などで甚大なる被害を受け、被害を受けた病棟の一部を廃止、病床数が減少した時期もありましたが、病棟の新築等で増床し、診療科も増え、地域の人々に予防も含めた包括医療を提供する「総合病院」として成長してきました。
現在では、名古屋市南部の中核病院として急性期医療を担っており、救急センターは24時間365日、軽症患者から重症患者まで数多くの症例に対応しています。
小児科についても、地域の中核病院として小児救急対応をするほか、さまざまな分野の専門医師と若手医師が、あらゆる小児の疾患にきめ細かく対応し、急な病気やケガから子ども達の命を守っています。昨年度の小児科入院延べ患者数は7,811人、外来患者は延べ29,115人と多くの小児患者が訪れています。
小児病棟にはプレイルームはありますが、図書の整備状況は十分といえません。地域拠点病院として多くの小児患者の訪れるこの病院に当クラブから図書を贈ることは、病気の子ども達の心を癒し、病気と闘う気持ちを育むうえで大変意義深いものと考え、キワニス文庫を贈呈するものです。

春日井市民病院 小児科

春日井市民病院は昭和26年内科・外科の2科を有する42床の病院として開設されました。以後増築改築などを重ね、平成元年には500床の病床を有する総合病院へと発展しました。平成10年には新築移転され28科558床を有する地域基幹病院となり今日に至っています。
小児科では、出生直後の赤ちゃんから中学校卒業までの小児期における内科的疾患の診療に取り組んでいます。その内容は、感染性疾患をはじめ呼吸器疾患、消化器疾患、神経疾患、循環器疾患、アレルギー疾患、腎疾患、内分泌疾患、免疫疾患、血液疾患、腫瘍性疾患、膠原病や新生児疾患など幅広い分野にわたっています。
入院に関しては、緊急入院が大半を占めています。そのため、いつでも救急に対応できるよう救急外来担当医との連携をはかり、入院が必要な場合などには当直医又は待機医が24時間体制で対応し、急な病気やケガから子ども達の命を守っています。
令和元年の小児科の入院実患者数は1,662人、外来実患者数は25,097人と多くの小児患者が訪れています。
小児病棟にプレイルームも有りますが、図書館からの中古の譲渡の品など、新しい本は少なく、図書の整備状況は十分といえません。
地域拠点病院として多くの小児患者の訪れるこの病院に、当クラブから図書を贈ることは、病気の子ども達の心を癒し、病気と闘う気持ちを育むうえで大変意義深いものと考え、キワニス文庫を贈呈するものです。

障害児入所施設 名古屋市あけぼの学園

障害児入所施設 名古屋市あけぼの学園は、昭和35年に開所した名古屋市の障害児のための入所施設です。児童福祉法により、名古屋市に在住する障害児を受け入れ、保護するとともに心身の発達を促しながら、将来の自立に向けて様々な角度からサポートしています。また、この地域の障害児の為の拠点施設として在宅の障害児のための福祉サービスを提供しています。
長きにわたり、障害がある人への福祉に携わり、特に、障害による育てにくさから自宅での生活が困難な児童や、環境上養育困難な児童を養護し、障害のある子ども達の人格と個性を尊重し、その尊厳にふさわしい生活が送れるよう支援している施設です。
様々な障害の子ども達が入所しており、その子ども達のニーズに合った最新の図書を設備することによって、この施設の活動が更なる充実を図ることを目的に当クラブから図書を贈ることは、障害のある子ども達の心を癒し、子ども達の発育を促すために、大変意義深いものと考え、キワニス文庫を贈呈するものです。

閉じる

キワニス・ワン・デー 詳しく見る

全世界のキワニスクラブが、毎年1回、同時期にクラブごとに何らかの奉仕活動を行うことにより、地域の人々にキワニスを知ってもらい、全キワニスファミリーが意味ある奉仕プロジェクトに参加することを促し、キワニスの活性化を図るという趣旨で「キワニス・ワン・デー」というプロジェクトを行っています。

2022年度のキワニスワンデー事業は昨年に引き続き、困窮する大学生を支援する特別寄付(総額320万円)を次の4つの大学に対して行いました。
・愛知教育大学 ・愛知県立大学 ・愛知県立芸術大学 ・豊橋技術科学大学

閉じる

家庭教育講演会 詳しく見る

青少年育成事業の一環として、名古屋市教育委員会の主催する講演会を初回より協賛しています。市内の小中学校の先生やPTAが参加し、家庭教育のあるべき姿、親の役割やしつけのあり方などについて有益なお話を伺っています。

2021年5月11日に開催された第40回の講演会は、新型コロナ感染予防対策の為、リモート形式での開催となりました。
講師: 渡邊 洋子氏(公認心理師、臨床心理士、東京医科歯科大学 助教)
講演:『親子のきずなを深める 子どもへのかかわり方~自己肯定感を育むために~』

閉じる

なごや子育てフォーラム 詳しく見る

子どものより良い育ちを実現するために、保護者が「子育て」に喜びを感じられるような支援が求められています。

なごや子育てフォーラムは、保護者が抱く「子育て」への不安を解消することを目指して開催しています。

主催は名古屋市幼児教育研究協議会で、当クラブは開始当初より協賛しています。

2021年7月10日のフォーラムは、新型コロナ感染予防対策の為、オンラインでの開催となりました。
講師:福田 翔 氏(ソングブックカフェ所属)

閉じる

里親フォーラムあいち 詳しく見る

里親の皆さんの活動を支援しています。児童虐待・その他の原因によって親元を離れた児童を、里子として迎え献身的に養育されている里親の皆さんの集まりである里親会を支援することは、児童虐待に関わる問題打開の一助となると考え、平成21年に愛知県と名古屋市の里親会に対し「研修・交流会」を共同開催するよう働きかけたことからスタートした事業です。

2021年3月に開催された第15回フォーラムは、新型コロナ感染予防対策の為、ZOOMによるリモート開催となりました。
講師:サヘル・ローズ氏(女優)
講演:『出会いこそ生きる力~血のつながりをこえて~』

閉じる

キワニスドールプロジェクト 詳しく見る

「キワニスドール」は、白無地で綿を詰めた身長約40 cmのドールで、主に病気の子どもたちの為に使われています。治療を受ける前の不安を取り除くために用いたり、入院で離れた兄弟のかわりになったり、病気を乗り越える為の「友」となる特別な玩具です。 

■キワニスドールの主な贈呈先(贈呈数の多い順)
名古屋掖済会病院、愛知県心身障害者コロニー、名古屋開府400年事業、一宮市立一宮市民病院、名古屋市立大学病院、日本赤十字豊田看護大学、大垣市民病院小児科、あいち小児保健医療総合センター、名古屋市立大学看護学部、藤田保健衛生大学付属病院、岐阜県総合医療センター、岐阜大学医学部付属病院、名古屋第一赤十字病院、名古屋医療センター、名古屋大学医学部付属病院、安城厚生病院、豊橋市民病院、公立陶生病院、岐阜県立看護大学、半田常滑看護専門学校、鈴鹿医療科学大学、藤田医科大学 保健衛生学部 看護学科、静岡県立こども病院、済衆館病院、総合大雄会病院、三重県立小児心療センター あすなろ学園、名古屋市立西部医療センター、小牧市民病院、静岡厚生病院(JA静岡厚生連)、愛知医科大学病院、岡崎市民病院、トヨタ記念病院、愛知医科大学看護学部、さわらび園、東部療育センターポケット、名古屋第二赤十字病院、名古屋記念病院、東群馬看護専門学校、東海医療科学専門学校(学校法人セムイ学園)、刈谷豊田総合病院、愛知きわみ看護短期大学、三重大学医学部付属病院、中部労災病院 小児科、伊勢保健衛生専門学校、市立四日市病院、愛知厚生連江南厚生病院、岐阜聖徳学園大学看護学部、寿泉堂綜合病院、東海学院大学短期大学部 幼児教育学科、名古屋市医師会看護専門学校、名古屋女子大学、三重県立草の実養護学校 等

閉じる

名古屋キワニスクラブ奨学金

社会的養護の下で育った子どもたちの中で、大学等の高等教育に進学し、就職活動期を迎えた学生を対象に給付型の奨学金を贈っています。

これらの学生達は、経済的にも厳しく、学業とアルバイトを両立させながら、卒業後の進路についても高い志を持ち続けています。懸命な努力を続けている彼らに対して、経済面で支援をすることは、彼らの夢の実現と後に続く後輩たちの進学意欲の向上にもつながるものであると考え、創立五十周年記念事業として給付型の『名古屋キワニスクラブ奨学金制度』を創設しました。原則として毎年2名の学生に対して25万円ずつの奨学金を給付しています。

キッズインタープリター養成事業

当クラブがモリコロパークで長年に亘り育ててきた「キワニスの森」。

その中にある愛知県の環境学習施設「もりの学び舎」を拠点として愛知県環境部が行なう「キッズインタープリター養成事業」に対し毎年30万円を助成しています。

このプログラムでは、毎年約30名の子ども達が「もりの学舎まつり(毎年3月に開催)」で、「キッズインタープリター(子ども自然案内人)」としてのデビューを飾ります。

この事業は、創立五十周年記念事業として開始したもので、この支援によって、自然に親しみ、環境を守るための行動が出来る子どもを育成できると期待しています。

※キッズインタープリターとは:自然に触れる体験を通して、自然の魅力やメッセージを楽しく伝える案内人のこと。