世界のキワニス

キワニスクラブは1915年1月21日、米国ミシガン州デトロイト市に設立された民間の奉仕団体です。
名称の「キワニス」は、アメリカのデトロイト周辺に住んでいた先住民の言葉「NUN-Kee-Wan-is」(皆一緒に集まる)に由来しています。
そしてこの言葉を冠した国際キワニスは、世界の三大社会奉仕団体の一角をなし、85の国と地域に広がる約7,400のクラブが19万人の会員が奉仕活動に取り組み、親睦を深めています。
当初は米国とカナダで発展していましたが、1963年にはヨーロッパの3都市にも広がり、アジア太平洋地域での最初のクラブは、1964年1月に設立された東京キワニスクラブでした。

キワニスの6つの目的

キワニスの基本的な精神は1924年の国際キワニス年次総会で決議された「キワニスの6つの目的」に表されています。

  • ものより心を重んじよう
  • 自分がされて嬉しいことを、他人にもしよう
  • 仕事の質を高めよう
  • きまりを守り、社会に尽くそう
  • 友情をつちかい、力を合わせて、活動を進めよう
  • 国を愛し、善を高め、夢をはぐくもう

キワニスの奉仕活動

現在世界のキワニスクラブはその奉仕活動の中心を、「Serving the Children of the World(世界の子ども達に奉仕する)」、「Young Children Priority One(子ども達を第一に)」のスローガンのもと、未来を担う子ども達のための活動においています。
国際キワニスによる世界中の子供達の幸せのための奉仕活動の中では、「ヨード欠乏症撲滅運動」と「キワニスドールプロジェクト」が特徴的です。
また、2011年から2015年までユニセフ(国連児童基金)と共同で行った「エリミネイト・プロジェクト(妊産婦・新生児破傷風撲滅運動)」は、推定3億8700万の破傷風ワクチン注射に必要な資金、1億1百万ドルを集めました。これにより、世界中の27の国からこの病気が撲滅され、約6千万人の母親と産まれてくる赤ちゃんの命を救いました。

日本のキワニス

東京に次いで、1966年に名古屋キワニスクラブが設立され、その後各地に広がり、2021年5月現在では日本国内に約40のクラブが設立され活動しています。

日本国内のキワニスクラブ一覧
国際キワニス日本地区
キワニス日本財団
キワニスインターナル
キワニスアジア太平洋